--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/16(Sat)

TimeMachine v0.1 リリース!

Dark_AleX氏によりTimeMachine v0.1 がリリースされました。
TimeMachine


これによりパンドラバッテリーを利用してメモリースティックから過去のFWやCFWをブートできるようにするものです。異なるFWでテストをしたいときにも便利です。

TimeMachine v0.1の主な機能

PSP-1000/2000共通
 ○ 1.50に3.40のハードウェアのモジュールを組み込んだファームウェアの起動

PSP-1000のみ
 ○ 公式FW1.50の起動
 ○ 3.40 OEの起動

PSP-2000のみ
 ○ 3.60 M33の起動


下記の手順を行う事でPSPが壊れる可能性があります。
全て自己責任で行ってください。

-準備するもの-

CFW3.90 M33-2以上を導入したPSP-1000/2000

「TimeMachine v0.1」 ⇒ ダウンロード

「FW1.50のアップデータ」

「FW3.40のアップデータ」

「360.PSAR」

-導入方法-

1.「TimeMachine v0.1」をダウンロードして解凍する。
以下のようなファイルが出てくる。

15962_timemachine_0.1/
360DUMPER/
TIMEMACHINE/
├ leeme.txt
└ readme.txt


2.「TIMEMACHINE」フォルダを ms0:/PSP/GAME に入れる。


3.公式FW1.50及び3.40のアップデータをそれぞれ150.PBP、340.PBPとリネームしてメモリースティックのROOTに入れる。


4.360.PSARをメモリースティックのROOTに入れる。
このときのメモリースティック構成例は以下のとおり。

ms0:/
├ PSP/
│└ TIMEMACHINE/
├ 150.PBP
├ 340.PBP
└ 360.PSAR


-TimeMachineの実行- 

5.XMBから「TimeMachine v0.1」を起動する。


6.下記のようなメッセージが表示される。


TIME MACHINE INSTALLER

Install iplloader on PSP MS boot sector
Convert Pandora/DC1-4 ipl into TM format
Install 1.50 (PHAT)
Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)
Install 3.40 OE (PHAT)
Install 3.60 M33 (SLIM)

Exit



操作

・Install iplloader on PSP MS boot sector
timemachine iplloaderをMSにインストールする。
※この作業は絶対に必要です。

・Convert Pandora/DC1-4 ipl into TM format
Pndora's BatteryやUniversal UnbrickerをTimeMachineから起動できるようにするためにPndora's BatteryやUniversal Unbrickerで使用するmsipl.binをTimeMachine用に変換する。msipl.binをメモリーステックのROOTに配置してこの項目を実行するとpandora.bin とリネームされて、ms0:/TM フォルダにコピーされる。

・Install 1.50 (PHAT)
公式FW1.50をメモリースティックにインストールする。

・Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)
3.40のハードウェアモジュールを組み込んだ1.50をメモリースティックにインストールする。

・Install 3.40 OE (PHAT)
3.40OEをメモリースティックにインストールする。

・Install 3.60 M33 (SLIM)
3.60M33をメモリースティックにインストールする。

・Exit
XMBに戻る。





-使用方法-

7.TimeMachineを導入したメモリースティックを装着した状態でJigkick Batteryを装着する。
起動する際に何も押していない場合はPSP内蔵のNAND Flashが読み込まれ通常通りXMBが表示される。
起動させる際にボタンを押しているとそれぞれに対応したファームウェアが起動する。

×ボタン・・・ 公式FW1.50(PSP-1000のみ)
○ボタン・・・ 1.50に3.40のハードウェアのモジュールを組み込んだファームウェア(PSP-1000/2000共通)
△ボタン・・・ CFW3.40OE(PSP-1000のみ)
□ボタン・・・ CFW3.60M33(PSP-2000のみ)
十字キー上・・・ Pandora's Battery or Universal Unbricker



混合FW1.50+3.40の問題点

 ○ ミュージックやビデオなどのメディアが正常に動作しない。
 ○ ビデオコードの問題があり、ゲームの起動画面やPMFビデオなどのPMFファイルが正常に動作しない。(PSP-2000のみ)
 ○ HOMEボタンでアプリを終了した際に表示がおかくなる。
 ○ 無線LANの使用は可能ですが以下のことを守る必要がある。
   ・省電力モードをOFFにする。
   ・手動でIPアドレス及びDNSアドレスの設定を行う。
 ○ また1.50がベースとなっているのでWPAが使用できない。
 ○ 3.40のハードウェアモジュールを使っており、そのためのパッチを当てているので一部の1.50用アプリで動作しなかったりクラッシュするものもある。


その他
 ○ 3.40OEの不具合は修正されている。
 ○ TA-086での輝度問題は修正されている。
 ○ どのFWをブートしていても最大輝度レベルが使用できる。
 ○ 8GB以上のメモリースティックでも問題なく使用可能。
 ○ 内蔵flashへのUSB接続は出来ません。
 ○ PCとUSB接続すると新しいデバイスとして認識されますが動作には特に問題はない。

スポンサーサイト
20:44  |  PSP改造  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://mh7phoenix.blog5.fc2.com/tb.php/22-4d43431e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。